What's New

平成29年9月15日

8月26日~29日まで宿利理事長がタイを訪問、8月29日~9月1日まで宿利理事長、パターソン理事長代理がマレーシア、シンガポールを訪問し、各国政府関係者等と会談しました。

“Crash Avoidance”の原則は、
衝突の可能性を完全に排除するという基本思想です。

高速鉄道「新幹線」のネットワーク

高速旅客鉄道専用線

 高速旅客鉄道専用線とは、重い機関車に牽引される貨物鉄道や、ブレーキ性能の高くない在来旅客鉄道と、軌道を完全に分離するものです。これにより、貨物鉄道列車や在来旅客列車との衝突のリスクを排除します。
 高速旅客鉄道専用線には、踏切も1つもありません。踏切を排除することにより、有害性もしくは可燃性のある貨物を積載するタンクローリー等を含めた、あらゆる道路交通との衝突のリスクを排除します。

ATCシステム

 ATC(Automatic Train Control)は、高速旅客鉄道列車同士の衝突と、速度超過を防ぐシステムです。
 高速旅客鉄道専用線の採用により、高度なATCシステムは専用軌道上で、全ての列車を管理することができます。これにより、高速旅客列車同士の衝突と、速度超過を防ぎます。
 ATCシステムが専用旅客鉄道のために設計されたものであることから、ハードウェア・ソフトウェアはとてもシンプルで、また列車乗務員による取扱いを簡素にします。
 例えば、東海道新幹線のATCシステムは、50年にわたって、列車同士の衝突を防ぎ、安全で信頼のある高速旅客鉄道輸送を維持しています。

N700A

東海道新幹線

営業区間 東京~新大阪
開業年月 1964年10月
営業キロ数 552.6 km
営業最高速度 270 km/h
最短所要時間 2時間25分
列車本数 323本/日 (臨時列車除く)
※東海道・山陽直通列車含む
駅数 17

N700-8cars

山陽新幹線

営業区間 新大阪~博多
開業年月 1972年3月(新大阪~岡山)
1975年3月(岡山~博多)
営業キロ数 644.0 km
営業最高速度 300 km/h
最短所要時間 2時間22分
列車本数 271本/日 (臨時列車除く)
※東海道・山陽直通、
 及び山陽・九州直通列車含む
駅数 19

E5

東北・上越新幹線

営業区間 東京~新青森(東北新幹線)
東京~新潟(上越新幹線)
開業年月 1982年6月(大宮~盛岡:東北)
1982年11月(大宮~新潟:上越)
1985年3月(上野~大宮:東北・上越)
1991年6月(東京~上野:東北・上越)
2002年12月(盛岡〜八戸:東北)
2010年12月(八戸~新青森:東北
営業キロ数 713.7 km(東北新幹線)
333.9 km(上越新幹線)
営業最高速度 320 km/h(東北新幹線)
240 km/h(上越新幹線)
最短所要時間 2時間59分(東北新幹線)
1時間37分(上越新幹線)
列車本数 177本/日(東北新幹線)
78本/日(上越新幹線)
(臨時列車除く)
駅数 23(東北新幹線)
12(上越新幹線)
※一部重複あり

800

九州新幹線

営業区間 博多~鹿児島中央
開業年月 2003年3月(新八代~鹿児島中央)
2011年3月(博多~新八代)
営業キロ数 288.9 km
営業最高速度 260 km/h
最短所要時間 1時間17分
列車本数 125本/日 (臨時列車除く)
※山陽・九州直通列車含む
駅数 11

700T

台湾高速鉄路

営業区間 台北~左営
開業年月 2007年1月(板橋~左営)
2007年3月(台北~板橋)
営業キロ数 345 km
営業最高速度 300 km/h
最短所要時間 1時間36分
列車本数 196本/日
(最大、臨時列車除く)
駅数 8

E7/W7

北陸新幹線

営業区間 東京〜金沢
開業年月 1982年6月 大宮~高崎
1985年3月 上野~大宮
1991年6月 東京~上野
1997年10月 高崎~長野
2015年3月 長野~金沢
営業キロ数 450.5 km
営業最高速度 260km/h
最短所要時間 2時間28分
列車本数 118本/日(つるぎを含む、臨時列車除く)
駅数 18
※一部重複あり