組織・活動概要

ごあいさつ

理事長挨拶

理事長

宿利正史

理事長挨拶

理事長代理挨拶

理事長代理

トーケル・パターソン

理事長代理挨拶

理事長挨拶

 半世紀以上も前の1964年に日本で誕生した「新幹線」は、当時、自動車と航空の急速な発展の前で、主要都市間を結ぶ幹線交通システムとしては陳腐化しつつあった世界の鉄道に、「高速鉄道」という新たな活路を切り拓き、その後、高速鉄道の整備が世界的な潮流となり、まさに「ゲームチェンジャー」となりました。
 以来今日まで、新幹線は、Crash Avoidanceの原則とトータルシステムアプローチをいわば車の両輪として、世界最高水準の安全性・信頼性を誇る、高速・大量・高頻度輸送を実現し続けています。
 日本の新幹線や、2007年に開業した台湾高速鉄道の発展の軌跡とその成果が示すように、新幹線は単なる高速の輸送システムにとどまらず、経済や社会、人々のライフスタイルに変革つまり「トランスフォーメーション」をもたらし、国や地域を大きく創り変える力を備えた社会システムです。
 一般社団法人国際高速鉄道協会(IHRA -International High-Speed Rail Association)は、欧州やアジアで高速鉄道の整備が進み、さらに世界の多くの国で新たなプロジェクトが計画される中、東海道新幹線開業50周年という機をとらえ、2014年4月に設立されました。
IHRAは、政府機関でも、プロジェクトの受注を目指す企業でもない、公益的な理念に基づいて国際的に活動する組織として、Crash Avoidanceの原則を踏まえ、各国・各地域の実情に適応しつつ、安全な高速鉄道を目指す国々と情報や知見、経験を共有するなど、国際的な協力を推進することを通じて、世界の高速鉄道の更なる発展に貢献することを目指してまいります。

理事長

宿利正史

理事長代理挨拶

国際高速鉄道協会(IHRA)のウェブサイトへようこそ!
訪問いただきありがとうございます。

我々はこのウェブサイトで高速鉄道システムの導入を検討している方々、また、なぜ日本と台湾が高速鉄道システムで成功してきたのかにご興味を持たれている方々に情報発信をしてまいります。参考にしていただければ幸いです。
新幹線に対する批判は主に既存の鉄道インフラを使用しないスタンドアロンシステムを建設する際のコストですが、それに対する答えは至ってシンプルです。既存の在来線のインフラは運行頻度の高い高速鉄道には適しません。一方で、中速の在来鉄道と一体となった低頻度の高速鉄道には、既存線の活用が適しているかもしれません。つまり、どちらを選択するかは、それぞれの国が高速鉄道の導入を検討するに当たって、どのような状況に直面しているのかに拠るのです。
安全性、信頼性、高速性、そして将来の増加する需要に応える高頻度性を確保するためには、平面交差のない、高速鉄道専用線を採用することが不可欠です。そのような高速鉄道の導入によって引き起こされる巨大な社会のトランスフォーメーションの便益は、長期的にみて、新規のインフラの建設費用を遥かに上回ります。

皆様の訪問を心から歓迎いたします。また、皆様からのご意見・ご感想をお待ちしております。

理事長代理

トーケル・パターソン